08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おくりびと

2009年03月08日
今日は楽しみにしていた映画 「おくりびと」 を観てきました。

アカデミー賞外国語映画賞を受賞し、映画館でも大入りです。

笑えるシーンも結構ありとても楽しめました^^

まだ見ていない方もいらっしゃいますので内容は書きません。


身近な人の「死」を経験している

いろんな事情で子供と離れて暮らしている

愛する人、愛する家族がいる

きっと皆さんどれかに当てはまりますよね?

きっと泣けます。


「死」と向き合うということについて前にも書いてきましたが

この映画でもきっと考えることができると思います。

決して暗くなったり、怖くなったり・・・

そういうネガティブな感情ではなく

「愛」を想いながら。


私もあんなふうに送ってもらえたら幸せだなぁ


大好きだったおじいちゃんが亡くなった時のことを思い出しました。

変な言い方になるかもしれませんが

おじいちゃんのお通夜、お葬式はとても悲しかったのですが

いい時間でした。

みんなに想われ、最高の旅立ちだったと思っています。

思い出し涙


最後のほうで、主人公の父親のことが出てきますが

私は、父のことを想い

スクリーンを観れないほど

ハンカチに顔を押し当て号泣してしまいました・・・

迷惑にならないように一生懸命声は殺しましたが

止まらなくて・・・

終わった後、目が真っ赤でした。

父の葬式には泣くことができず

自分はなんて冷たい人間なのかと自己嫌悪・・・

(父のことは後で書きます)

でも、映画を観ながら父を想い泣けたのです。

もっとちゃんと送ってあげればよかったと

素直になれればよかったと

後悔しています。

父のことを自分の中で整理するのに何年かかるのか・・・

今少しずつ、氷が解け始めてきています。


夫婦についても考えさせられます。

きっと、観て良かったと思える映画です。

是非、ご覧になっていただきたいと思います。

日本って素敵な国だと思えますよ。


もう一度観たいです。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。