05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

向き合ってみる

2008年11月28日
時が経つのが早いなぁと分かりやすく感じるのは、連続ドラマを見る時でしょうか。

最近毎週欠かさず見ようと思うドラマはあまりないですし、テレビを見ること自体少なくなってきました。

前にも書きましたが、今唯一見ているのがフジテレビ系列で放映している「風のガーデン」です。

今夜は放映日。10時からスタートなのも都合がいいんですね。

なぜなら、子供達が眠った後なのでゆっくり楽しむことができるのです。

倉本聰さんのドラマは昔から好きです。

とても丁寧に作られているのが分かるし、台詞が素敵です。

人間の持つ感情がよく描かれています。

重いテーマの時でもユーモアがあり、「」と「」の対照が際立って余計に心に入ってきます。

ただの馬鹿げた笑いではなく、大人のユーモアというか

主人公を演じている中井貴一さんの演技も素晴らしく

今夜は爆笑しました。

そして、その楽しさの後だからこそ、余命少ない彼の哀しみが痛いほど迫ってくる。

やはり今夜も涙でした。

「死」というものに正面から向き合う。

普段健康で何気なく暮らしていると、考えない、もしくは避けて通るテーマですね。

「死」を考えて恐れるのではなく、

「人生は有限」であることを再認識して

今日生きていることに感謝する。

いつかやればいいよ、のいつかに変える努力をしてみること。

そんなことを書いている自分自身もまだまだできていません。

でも感謝することはすぐにでも始められること。

ね、「ありがとう」 素敵な言葉です。


余談ですが、私は昔中井貴一さんがちょっと苦手でした(すみません)

素敵な歳の取られ方をしてみえます。最近は好きになってきました。

本当に余談でした。

歳を重ねるごとに「素敵だな」と思われるようになりたいですね。

ありがとう、また明日


スポンサーサイト
想い | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
生は死までの道のりなり
ドラマは見ていませんが、最近ヨットで世界を3周(しかも単独で)した方の本を読みました。「弧闘」という本です。

いつも当たり前のように朝が来るとおもっているけど、ほんとうにいつも忘れているかもしれないですね。朝起きると「ありがとう」と本気で思う友人を見習っていこうと思います。
私も中井貴一を以前はあんまりすきじゃなかったなあ。
でもドラマなんかで役を通して好きになりましたね♪
うちの子供もファンになってます(*^_^*)

やはり、年のとり方が表れてるのかなあ
Akoさん
一日の終わりに「ありがとう」
これはその日を振り返りながらできるから始めていたんです。

朝起きて「ありがとう」
これは自分の中では考えてなかったなぁ。
朝を迎えられたことに「ありがとう」
これも明日から始めてみよう。

ありがとう、Akoさん
momoちゃん
中井貴一さんは、コミカルな場面を演じるのが上手いですよね。
そこらへんが逆に大人のセクシーさを出しているのかも^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。