09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

泣きました!

2010年04月05日
昨日は久しぶりに家族の前で泣きました。

娘と私の弟との喧嘩というか・・・

弟は軽度の知的障害があります。

彼は30歳、見た目は大きいし大人です。

子どもたちから見たら、見た目だけでは普通に自分達の叔父さん。

でも、彼は時々パニックになることがあるし

思考が子どものような時もあります。

娘は2年生、女の子だから口達者で生意気なことも言います。

もう口では娘のほうが上なんです。

昨日はもともと機嫌が悪かった娘

そこでちょっと口論が始まっていました。

娘が他の部屋に行こうとしたとき

弟が少し娘を叩いたんです。

一生懸命堪えていた娘

そこに母が来て弟がパニックにならないよう弟をかばいました。

必死に堪えていた娘は泣き出しました。

誰も悪くないのに、でも結果的に娘が悪いような感じになり

私は逆に娘をかばい、やっぱり弟はパニックになりました。

「警察を呼ぶ!」 いつもこれなんです。

近所にももちろん聞こえているだろうし(理解してくださっていて本当にありがたいです)

娘のことを思うと、自分の小さな時のことも思い出して

切なくて・・・・泣きました。

息子が「泣かないで」とそばに来たので堪えましたが・・・


うちではよくあることです。

こうやって子どもたちには弟のこと、障害のことを理解していってもらうしかないのですが

まだ難しい歳だし、

私にとっては弟だから守る存在だったけど

娘達にとっては逆の立場。

説明も難しい・・・

弟のせいではないんだし・・・

嫌いになってほしくないし・・・

同居するべきではないのかと何度も考えましたが

難しいです。

パパに会えない寂しさも我慢させている。

頑張ってる娘をハワイに連れて行ってやりたい・・・

やっぱり、私一人で行くのは違うような気がして。

フラを始めたのも娘がやりたいと言ったから。

私のハワイ行きを自分がお腹に宿ることで止めた子です。

連れて行ってやりたいなぁ。

絶対連れて行く!と昨日自分に誓いました。

「じゃぁ行こう!」って余裕がない情けない母ですが^^;


夜は気を取り直して、家族でスーパー銭湯に行って

笑って帰ってきました。


みんな、きっといろんな問題を抱えていたり、壁があったり

辛いこときっとみんな持ってるんだよね。

でも、自分を成長させてくれる、全てが勉強なんだと

そう思って進んでいくしかないんですよね。

その経験を生かせるときがあるだろうし

同じ辛さを分かってあげられる。

話を聞くことなら私にもできます。

きっとそれが私に与えられたことなんだと思っています。


いつも長くなってすみません^^;
スポンサーサイト
未分類 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
病気や障害がなくても、心がバラバラでケンカが絶えない家族もいます。

お客様の中にもご自身にわずかな脳の障害があって小さな頃から周りとうまく関係が築けなくてずっと悩んでいらした方や、ご主人と娘さんがアスペルガー症候群だという方もいらっしゃいます。

それぞれ大変な日々を悩みながらも前向きに頑張っていらっしゃいます。

娘さんもママも弟さんもおばあちゃんもみんな優しい!
お互い思いやりがあって優しい方ばかりだから、お子さんの成長とともにみんなが支え合える良い関係がきっと築けると思います。

神様はその人が乗り越えられない課題は与えないそうです。

乗り越えた後の人生がきっと神様からのプレゼント♪

欲深い私は(笑)、神様からの素敵なプレゼントが欲しくて山あり谷ありの人生を頑張って日々乗り越えています(^^;)
掌(たなごころ)
こんにちは。

何となくジーンとしたお話ですね。何も出来ないどんぐりですけど「掌」と言う言葉を送ります。
”優しく触れるもうひとつの心”
手のひらの事を「掌(たなごころ)と言う場合、そこには“手の心”という意味が含まれます。人に優しく触れたりものを受け取ったりするとき、手に心が感じられる事だそうです。yukiさんの「掌」きっと素敵な暖かいものなのでしょうね。
小宮さん
ありがとうございます。
乗り越えられない壁はない!ですね。
私も頑張って神様からのご褒美楽しみにしよう^^
どんぐりさん
掌(たなごころ)
またひとつ勉強になりました。
そして、これもロミロミに繋がっていますね。
いつも素敵なコメントありがとう。
ちょっと泣きました^^
感謝しています。
みなさんに掌を伝えられるように頑張ります。
泣いてもいいんだよ!
Yuki-san
家族なんだもん!
辛かったら泣いていいと思います。家族だからこそ、きっとYukiさんの思いは 伝わっていると思います。お母様も弟さんも子どもさんも・・・。

そして、生き生きしているママの姿が 子どもさんには 一番の元気の素ですね。

夜のスーパー銭湯は良かったですね!スキンシップが出来て子どもさんも安心したでしょうね。

「育児」は「育自」。
お互い 笑顔で 成長していきましょうね。(時には泣いて) 

     


私たちは修行がしたくてこの世に生まれてきたそうです。だからいろんな経験をして、たくさん修行ができるのはしあわせなことだと思います。「人は悲しみが多いほど人にはやさしくできるのだから」って歌もありましたよね。すべては学びですよ。いつか全部つながる日がくると思います。
noriさん
noriさん、ありがとうございます。
あまり子供の前で泣いてはいけないと思うのですが^^;
娘の悔しそうな悲しそうな顔を見ていたらたまらなくなってしまいました。
うちの子大きなお風呂が大好きなので、喜んで入ってました^^
本当に「育自」ですね。
頑張ります^^
アキバの希望さん
まだまだ修行は続くのでしょうね。
悲しみが多いほど優しくできる
自分が優しいかどうかは別として、同じ気持ちが分かるということはありますよね。
だから聞いてあげたいし、少しでも力になれないかなと思うんですね。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。