05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

それでも行きたい道ならば

2010年04月26日
パパのところに行っていた子どもたちが帰ってきた。

寂しさを堪えている娘を見るたび心が痛い。

最近始めたバイトは夕方から夜にかけてなので

夕食も一緒に取れない。

帰ってきた時はもう眠っている子どもたち。


心が折れそうになる時があります。

正しいの? それでいいの? と自分に問いかけることもあります。


今夜見た「情熱大陸」は宇宙飛行士の山崎直子さん

夢を叶えるのに10年

長かっただろう、でも頑張っている本人より家族のほうがきっと長く感じている。

ご主人の胸のうちを黙って聞いている山崎さん。

言い返したいことがあるけど、黙って聞く。

彼の支えなしでは叶えられなかった夢だから。

娘さんも必死に寂しさを隠していた。

子どもってそうだよね、心配かけないように「大丈夫!」ってところを見せてくれるの。

でも本当は辛くて泣いているんだよね。


全てを上手くやろう、一人で頑張ろうっていうのは無理なんです。

自分の夢も、母も、稼ぎ頭も、全部パーフェクトに!なんて

スーパーウーマンみたいなこと(やっている方もある、大尊敬です!)難しい。

自分の夢のために犠牲になっている人がいるんです。

それでも行きたい道なら

感謝して、我慢もして

あとは山崎さんみたいに「なんとかなるさ!」


それでもお前はやりたいのか?って神様に問われたら

「やりたい!」んだもん。

その先にある笑顔を信じて!

「ごめんね」じゃなく「ありがとう」で


山崎さん、夢をもつ女性に力を与えてくれました!

ありがとう!!
スポンサーサイト
未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
私の生活は「あちゃ~」の繰り返し(笑)。なんでも自分1人じゃ何もできないですよね。みんながあって、最後に自分がいる。

寂しそうな娘さんも、きっと母の生き様を見て育っていくんだと思います。

夢、叶うよう応援してます♪
あなたがだいすき
<あなたが だいすき> 鈴木まもる著 ポプラ社

わたしは あなたが だいすきです
せかいで いちばん あなたが だいじ
あさも ひるも よるも あなたと いっしょ
いつでも あなたを まもってあげる
どこにでも あなたと いっしょに いこう
あなたが さみしいときは いつでも おいで
あなたが ねむれないときは いっしょに ねてあげる
あなたが かなしいときは だきしめてあげる
あなたが ないたら なみだを なめてあげる
あなたが つかれたら いいこ いいこ してあげる
あなたが こまったときは みんなで たすけてあげる
どこへだって あなたを たすけに いく
いつだって あなたの みかた
みんな あなたが だいすきです
とくべつ わたしは あなたが だいすき
あなたが いるだけで とっても とっても
とっても うれしい



yukiさんへ
休職中で自分が父親としてこれでいいのか?と息子達を想う時いつも読み返している絵本です。
今、色んな想いがあるでしょうけど夢が叶いますように応援しています。
母なんだよね~
Yukiさんの日記もさることながら
どんぐりさんの「あなたがだいすき」の詩も素敵ですね^^

自分の夢を叶えるときには
必ず色んな人を巻き込んでいかなくちゃならないんです。
夢に対する想いの強い人に巻き込まれるんです。
Yukiさんの夢に対する想いが強ければ強いほど、
色々な人を巻き込んで実現していきますよ。
そしてみんな幸せになっていくんですよ(^o^)
娘さんは、そういうYukiさんの一生懸命な背中を見て育っていきます。
大丈夫ですよ(^0^) 
娘さんの生きるパワー信じてあげよ!
そして自分の夢を叶えるパワーもね!

私の母も仕事を持っていたので、
小さい時寂しい想いも、家事負担もありました。
「ただいま~」って帰っても「おかえり~」って声はなく、
お腹がすけば冷蔵庫にある物で適当に何かを作って食べてました。
月末はほとんど徹夜状態だったので、朝ごはんは自分で作って食べ、
親の印鑑をもらう書類には自分で印鑑を押していました。
でもそのおかげで留学させてもらったり、お料理が自然とできるようになっていたり・・・
母が普通の母でなかったことにものすごく感謝しています。

何もかもパーフェクトにはなりません。
何を犠牲にして何を得るか!ですよね。
でも、母は子供たちに申し訳なかった(> <)とやはり思っていたようです。
きっとYukiさんが今抱えている想いと同じでしょうね。
それが「母」なんだと思いますよ。
Akoさん
応援ありがとうございます!
私のいいところも悪いところも見て、子どもたちは自分で考えながら大きくなっていくんでしょうね。
笑っている顔が子どもたちの印象に強く残るそんな母になりたいですね。
どんぐりさん
素敵な本を紹介していただいてありがとうございます。
今度子どもたちに読んであげよう^^
母といっても娘と同じ歳(母になって)なわけで、共に成長段階ですもんね。
時には失敗する母(私)を見ながら学んでくれるでしょう(笑)
応援ありがとうございます!
Mayumiさん
そうですね。
巻き込んでしまった人たちをHappyにできるように
感謝の気持ちをお返しできるように
頑張っていきます^^
うちも共働きだったから料理したり小さい頃からやっていたなぁ。
でも大人になって役に立ちました。
うちの子たちも早くに自立できるかもね^^
ちょっと変わった母ちゃんだなぁって思ってもらえるぐらいになってやる(笑)
母、頑張りましょうね!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。