06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

流れ続ける溶岩

2010年06月20日
カラパナという町がありました。

火山の噴火で流れ出た溶岩に飲み込まれてしまった町です。

そこは見渡す限りの黒い大地。

自然の脅威を感じます。

今でも赤く流れる溶岩が海に流れ落ちるところが見れるスポットになっているということで

見学エリアの駐車場からひたすら歩きます。

溶岩

この溶岩はペレの髪の毛だと言われています。


ノニ

途中見つけた木になっていたもの、これはノニです。なんだか蛙の卵みたい!


とにかく歩きます。どんどん歩きます。

カラパナ2

神様がこの悲しい土地を見守るかのように美しく光る空。


人が集まる地点に到着、でも海ではありません。

ガイドさんの話では、4月26日に新たに流れ出した溶岩が海まで行く道を遮断してしまい

これ以上は進めないということでした。

この溶岩は5月5日に動きを止め固まりましたが

新たな溶岩はまだ柔らかいところがあるので4ヶ月経たないと上を歩いてはいけないそうです。

溶岩2

これがその先端の溶岩です。

近々ここに行く予定の方、まだ海までは行けないのでご注意を!

しかし、暗くなってくると遠くの空が赤く染まり、大地に赤い線を見ることができます。

写真は撮れませんでした。

帰りは真っ暗闇です。 風も吹くので肌寒いですから、懐中電灯と上着を忘れずに!

娘もヘトヘトになる距離を歩きますが

そんな私たちの疲れを吹き飛ばしてくれる満天の星空がそこにはありました。

スポンサーサイト
ハワイ島2010 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
生きている!!
こんにちは。yukiさん

ハワイは「生きている」んですねぇ~。溶岩が地球の息吹を感じさせてくれます。
それと植物や綺麗な夕日・・・

地球物理学も大好きなどんぐりなのでワクワクしながら写真とコメント見せてもらいました。
やっぱりハワイ貯金始めなきゃ・・その前に色んなお勉強も・・・

追記・・・yukiさんメールありがとう。とっても嬉しかったです(^_-)-☆
どんぐりさん
まさに、「生きてる」んです。
その生命力を肌で感じられる場所です。
ウクレレ持ってハワイ行かなきゃ!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。