09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「いのち」について考えてみる

2010年09月15日
先週の日曜日は「いのち」について考えた一日でした。

子どもたちはパパのところに行っていたので

録っておいた映画をみることにしました。

キャメロン・ディアス主演の映画「私の中のあなた」 私の中のあなた HP

白血病の姉のドナーになるため生まれてきた女の子

彼女がドナーになることを拒否するために親を訴えます。

その裁判により見えてくる家族一人一人が抱える葛藤や想い

この映画の中には苦しみだけじゃなくて愛がいっぱい詰まっています。

私は観始めてすぐからエンディングまで泣きっぱなしでした。

自分が、家族が、大切な人が、大きな病気にかかった時、命が短いと知ったとき

自分ならどう受け止められるのか・・・

いろんな立場から考えさせられる、そんな映画だと思います。


その日の夕方、今度は友人がゴスペルを歌うということで岐阜駅へ。

自殺予防週間ということで「いのちの電話」が主催したイベントでした。

岐阜で昨年自殺により亡くなった533名の方のキャンドルが灯され

ゴスペルが歌われました。

アメイジング・グレイス、美しい曲ですね。

日本語の曲も歌ってくれましたが、歌詞がそのまま美しい声と共に心に入ってきて

涙が出ました。

自ら命を絶つしかなかった方々の苦しみを思い、残された家族やまわりの方の気持ちを思い

どうか天国では苦しみが溶けていますようにと祈りました。

苦しみを人に話すというのはとても勇気のいること。

しかし、命を絶つという気持ちを、少し「話す」勇気に変えてくれたら。

問題の解決は最後は自分がしなければなりません。

でもその過程で、少し周りに甘えてみることは決して恥ずかしいことではないと思います。

という私も苦手です。

なかなか心の一番底にある、でも一番核のことを人に話せないんですね・・・

今は自分の中で考え方が変わってきているし、ハワイのHo'oponoponoを学んでいることで

前みたいに負のスパイラルに落ちることは無くなってきました。

結局自分でしか解決できないんですけど

周りが少しお手伝いすることはできると思うんです。

私もその一人になりたいと思っています。



こうしてたまに命について考える時間は大切だと思います。

ちょっと考えてみて、感謝してみましょう。

久しぶりの更新で長くなりました。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。