07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

救命のリレー、バトンがこの手に

2011年05月27日
なんと!もう梅雨入りしましたね。

早く夏が来てくれるのかな^^


今朝は応急手当講習に行ってきました。

夏のプール開きを前に毎年行われますが、今年は子供会の方の役員をやっていますし

体に関わる仕事をしているから必須ですね。

岐阜北消防署の岩野田分署から講師に来ていただき

心肺蘇生法・AEDの使用法を中心に教えていただきました。

自動車学校でやって以来、AEDはその頃無かったですし

消防訓練などで見てはいますが、実際に触ったことはありませんでした。

先ずは一番大事な心肺蘇生法から学びます。

2011-05-27 11.00.17

↑私たちのグループがお世話になった男性です^^

一人ずつ練習していきます。

「もしもし、大丈夫ですか?分かりますか?」声をかけて

呼吸の有無を確認、無い場合は人工呼吸と胸骨圧迫(心臓マッサージ)

周りに人がいる場合は協力を求める(人を指定して119番に通報やAEDを持ってきてもらう)ことも大切です。

人を指定しないで「誰かやってください!」と言っても誰かがやると思ってしまいます。知ってる方なら名指しして、知らない場合は服などの特徴で「あなた」としっかり伝えること!AEDがもし見つからなかった場合も戻ってきてもらうこと!

胸骨圧迫はどのぐらいの強さなのか、骨折れないかな・・・など気になることがいっぱいですね。

でも講師の方の「骨は再生します。脳を優先して!」という言葉に納得。適切な強さは必要です。

資料などを読むだけではどの程度の強さか、速さ、押す場所など分からないものです。

ポイントは肘を曲げないで体重を使うこと、押してしっかり戻すこと、位置がずれないようにすること

結構疲れますし、自分の手が痛くなるほどです。

速さの目安はアンパンマンの歌ぐらいだそうです^^

これは一度講習をしっかり受けて、感覚をつかんでほしいです!

とにかく救急車が来るまで続けること!です。

AEDは自動体外式除細動器のこと、つまり電気ショックを与える機械です。

心室細動(心臓の筋肉が小刻みに震えて全身に血液を送ることができない状態)の場合のみに電気が流れます。

心臓が停止している場合はAEDは電気を流しません。心臓マッサージを続けてください!

誰でも簡単に使えるようにAEDは音声で指示をくれます。

(AEDの電極パッドを貼るまでは心臓マッサージを続けること!)

電極パッドを貼る前に大切な確認事項があります!これは覚えておいてください!

音声ではここは流れません!

ぺちょたぬきと覚えてください」ぺちょたぬき?!はい、5つの確認事項です!

はペースメーカーのぺ、鎖骨の下あたりを触りペースメーカーをつけていないか確認してください!

つけている場合はペースメーカーから3㎝離して貼ってください。

ちょは貼付薬(ちょうふやく 貼り薬)がないか、貼ってある場合は取り除き、べたべたがついていたら拭くこと

は体毛のた、パッドを貼る位置に体毛がある場合は剃る(AEDの袋にカミソリが入っていれば剃る、なければ予備の電極パッドを貼ってはがすと抜けるそうです!)

は濡れはないか確認すること。濡れている場合は拭くこと

は貴金属のきです。ネックレスなどしている場合は顎のほうに寄せておくこと

この5つの確認が終わってから電極パッドを右の鎖骨の下と左側胸部に貼ります。

ここまでするとAEDが心電図の解析を始めますから体には触れないこと!

電気ショックが必要と確認されると電気の充電が始まるので、倒れている人に触れないよう離れること!

自分も離れているかちゃんと確認すること、周りから誰か来ないか見て「離れてください!」と指示すること。

電気ショックのボタンを押したら、またすぐに心臓マッサージを始めること。

二分経つとまたAEDが心電図を解析しますので繰り返し対処してください。

救急車が来て、隊員の方が処置されるまで続けてください!

小児・乳児の場合は先に2分間の心肺蘇生法を行ってから119番すること!だそうです。

落ち着いて。母になった皆さまはやはり学んでおいたほうがいいですね。

私の経験上ですのでみなさまには当てはまらないかもですが、女性より男性のほうが血を見たり、とっさの時に慌てます。ここは母のほうが落ち着いてできると思います。

心肺蘇生とは関係ないですが、うちの下の子が熱性けいれんをしたとき、知っていたからとにかく震えが続く時間を計っていました。慌てるとできません。本当にびっくりするし、自分も怖くなって震えます!でも知っていればその対応ができます。父親はおろおろしますよ(うちだけではないと思う)


いつ、どこでこのようなことに遭遇するか分かりません。

遭遇してもただの野次馬になってはいけません!

ぜひ皆様も講習を受けましょう!


あと、救急隊員の方からお願いが。

救急車をタクシー代わりに使わないこと!(本当にいるそうです!!)

岐阜市には15台しか救急車がありません!岐阜市中で15台ですよ!

本当に必要な方のところに出動できるように、落ち着いて、自分やタクシーで行ける時は行ってくださいね!

岐阜市の救急病院案内に電話してみることをおすすめします!

24時間大丈夫です! 058-262-3799(みんなの救急)

どこの病院が救急対応しているか教えてくれます。

救急隊員の方の言葉「その人(倒れている人)の人生を変えてしまうこと」

助けられる命はみんなで守りましょう

119番と応急手当、救急隊員の高度な救急処置、病院での高度な救命医療 これを救命のリレーと呼ぶそうです。

リレーのバトンをしっかりと救急隊員に繋げられるようにしていきたいですね
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。