07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

国宝 薬師寺展

2011年10月03日
子どもたちがずっと前に学校からもらってきたチラシ

岐阜市歴史博物館で行われていた「国宝 薬師寺展」のスタディツアーのチラシ

クイズに答えるようになっていて、このチラシを持参してツアーに参加すれば子どもは無料で入館できるというもの

いつもはポイっとすることが多いチラシですが、これは私が行きたくて取っておきました。

2ヶ月間の特別展だし、夏休みに行こうかなと思っていたのに

昨日ツイッターで「今日までだよ」というツイートを見て慌てました!

午前中はフットサルチームFalcoの応援に行ってたし

洗濯ものは山のようにあるし(笑)

子どもたち宿題終わってないし!!

一年生のチビには難しいかなぁ・・・うるさくしてちゃんと見ないかなぁ・・・

そんなことで迷っていましたが、どうしても見たい気持ちが抑えられず

最終回17:00からのスタディツアーに間に合わせました!

子どもだけでツアーに参加させて、私は今回の展示についてのお話を聞いて

ツアーが終わった子どもたちと一緒に展示を見ることにしました。

入ってすぐ天武天皇坐像が!本当に手が届きそうな距離で見ることができます。

なんだかほわっと香りも漂ってきます。ちょっといきなり鳥肌が・・・

子どもたちはツアーで教えていただいたことを私に説明したくて「早くこっち!」と

私をひっぱります^^;「ママはゆっくり見たいのよ!!!」

狛犬のところではツアーでクイズが出たようで「どっちの犬が「あ~」って口あいてるでしょうか?」

得意げに質問してきます。狛犬の間に八幡三神坐像(国宝)があってそっちを見たいのに

「犬見て!」と^^; やっぱり一人で来たかったような(笑)

そして三蔵法師の玄奘三蔵が描かれたところで娘が「孫悟空に出てきた一寸法師おるやろ?」と言うので

最初は???でしたが「三蔵法師のこと?」と聞くと「あっ、そうだった」と恥ずかしそうに(笑)

「この巻物はね・・・」「あの人が三蔵法師だよ!」と一生懸命説明してくれました。

いい勉強できたみたいです。

一番見たかった吉祥天女像(国宝)近くで見ていた方が

「これを見るだけでも来た価値がある!これはもう一生こんな近くで見ることはできないよ!」と話されていたように

本当にありえないくらい近距離で見ることができたのです。

日本で一番古い色が付けられた絵で、麻布に描かれています。

奈良時代ですよ!その時代とここで繋がれる感動!見に来てよかったと思いました。

最後に聖観世音菩薩立像(国宝)

「これは後ろを見なきゃだめなんだよ!普通は見れないんだって!」と子どもたち

本当にこの後ろ姿を拝観できることはないそうです。

今回は部屋の真ん中に立っていらっしゃる展示なのでぐるりと見ることができました。

しかもガラスがあるわけでもなく、本当に手が届きそうな距離です。

立ち止まって圧倒されました。身体の中がうわぁーっと血がのぼる感じです。

感動しました!すごく美しいお姿で心が清められるように感じました。

最後に薬師寺の山田法胤管主の法話を拝聴しました。

岐阜の根尾のご出身なんですね。

今回岐阜市歴史博物館での展示は薬師寺と美濃(岐阜)との縁が深いことから実現したそうですが

「こんなに近くで吉祥天女像が見られることは薬師寺でもないです。ここが狭いおかげ」と笑いを誘いながら

どうして僧侶になられたか、今の時代、原子力について、教育について

ありがたいお話でした。

 かたよらない こころ

 こだわらない こころ

 とらわれない こころ

 ひろく ひろく

 もっと ひろく

 これが般若心経

 空のこころなり


私も写経してみよう


どうしても行きたいと思っていたこと

きっと引き寄せていただいたのだと思います。

行って良かった 心に静かな時間も必要ですね。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。