08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

AKAKA FALLS

2010年06月21日
ケアリィ・レイシェルのアルバムの中に入っていた曲「AKAKA FALLS」

この美しい曲が大好きになりました。

この曲で歌われている地 アカカ・フォールズ

今回の旅で行ってみたいとリクエストさせていただいた場所です。

Akaka.jpg

緑の小道を進んでいくと

Akaka2.jpg

落差150mほどあるそうです。

ここがアカカ・フォールズ・・・

用意してきた大好きな曲を、その地で聴いてみます。

美しい景色とケアリィの声・・・鳥肌がたち

本当にここに来れたのだという想いや感謝の気持ち

溢れ出す涙を止められませんでした。

ナターシャがコンサートでこの曲を踊ってくれたなぁ

美しい彼女のフラも浮かびました。

うまく書けないのがもどかしいけど

すごい体験だったなぁ

もっと伝えられる写真が撮れたらいいのになぁ・・・



その土地を訪れ、その歌を聴く

素敵な時間をすごせますよ。

ハワイ島2010 | コメント(2) | トラックバック(0)

いつもそこに花があるから

2010年06月21日
青い空に青い海

フルーツが実る木々

そして、色とりどりの美しい花

色が溢れる、甘い香りが漂よう

ここは楽園



可愛らしくて、いい香り

プルメリア2

朝食だって何倍もおいしそう

suisan.jpg

ドライブだって、いい香りに包まれて楽しくなっちゃう!

レイ車

花がいつも身近にある

だから笑顔がいっぱいなんだよ
ハワイ島2010 | コメント(4) | トラックバック(0)

流れ続ける溶岩

2010年06月20日
カラパナという町がありました。

火山の噴火で流れ出た溶岩に飲み込まれてしまった町です。

そこは見渡す限りの黒い大地。

自然の脅威を感じます。

今でも赤く流れる溶岩が海に流れ落ちるところが見れるスポットになっているということで

見学エリアの駐車場からひたすら歩きます。

溶岩

この溶岩はペレの髪の毛だと言われています。


ノニ

途中見つけた木になっていたもの、これはノニです。なんだか蛙の卵みたい!


とにかく歩きます。どんどん歩きます。

カラパナ2

神様がこの悲しい土地を見守るかのように美しく光る空。


人が集まる地点に到着、でも海ではありません。

ガイドさんの話では、4月26日に新たに流れ出した溶岩が海まで行く道を遮断してしまい

これ以上は進めないということでした。

この溶岩は5月5日に動きを止め固まりましたが

新たな溶岩はまだ柔らかいところがあるので4ヶ月経たないと上を歩いてはいけないそうです。

溶岩2

これがその先端の溶岩です。

近々ここに行く予定の方、まだ海までは行けないのでご注意を!

しかし、暗くなってくると遠くの空が赤く染まり、大地に赤い線を見ることができます。

写真は撮れませんでした。

帰りは真っ暗闇です。 風も吹くので肌寒いですから、懐中電灯と上着を忘れずに!

娘もヘトヘトになる距離を歩きますが

そんな私たちの疲れを吹き飛ばしてくれる満天の星空がそこにはありました。

ハワイ島2010 | コメント(2) | トラックバック(0)

黒い大地に咲く赤い花

2010年06月20日
ハワイ島が火山の島なのだと黒い大地の上に立ち再認識しました。

カラパナ

そんな大地にもシダが生え、植物の生命力を感じます。

その黒い大地で出会った赤く美しい花、ハワイ島の花 レフア

オヒアという木に咲くレフアという名前の花

キラウエア火山に住むといわれる女神ペレ

ペレは火の神、歌に出てくるペレは恐ろしく、嫉妬深い。

このペレがオヒアという青年に一目惚れをしたが彼にはレフアという恋人がいた。

怒ったペレはオヒアを木に変えてしまう。

悲しみにくれるレフアを別の神様がかわいそうに思い、オヒアの木に咲く赤い花にした

という伝説があるんです。

私はこの花をこの目で見て触れてみたかった。

その願いが叶って嬉しくて、写真を撮ろうとしたものの

風が強くてなかなか撮れないんです。

きっとペレが怒ってるのね。

でも、どんなに強い風でも離れずに咲いているレフア

きっと幸せだね。

レフア

だから、この花を摘んでしまうと悲しみの雨が降るとも言われています。

ハワイ島2010 | コメント(0) | トラックバック(0)

Hilo

2010年06月19日
ヒロという町は都会の町のようなきらびやかな印象はないけれど

人もフレンドリーでホッとする町。

私は田舎で育ったせいか、あまりにも都会に行くと疲れてしまうし

自分の居場所じゃない気がしてしまうんです(笑)

ヒロは雨が多い、曇ってるイメージだったのですが

私たちが滞在していた間はきれいな青空を見せてくれました。

ホテルがあるバニヤン・ドライブには大きなバニヤンの木が並び

その存在感は力強いです。

バニヤンツリー

町のショップはカラフルで、曇りがちな町でも笑顔になれます。

ヒロ


黄色、ピンク、水色・・・町中がスタジオになっちゃいます^^

ヒロ2

そんなヒロの町でランチに入ったお店 Bear's Coffee

ワッフルが名物みたいなんだけど

ここの本当の名物は・・・ハイテンション店員のおじちゃん!

Yさんはおじちゃんにイタズラされてましたよ!!

なんと口の中にクリーム詰め込まれてました!!!

赤いショップTシャツを着たテンション高いおじちゃんにはご用心を!

Bears Cafe
ハワイ島2010 | コメント(2) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。